学校での授業と中学入試の問題の違い

中学生向けの学習塾の方向性は大別すると学校での授業の補てんを目的としたものと、

中学入試対策を目的としたものがあります。

このうち、中学入試対策を目的とした学習塾では過去の試験問題を基にして指導を行うのが普通であり、

学校での授業とはほぼ別物と言っても過言ではありません。

特に算数の問題はその傾向が顕著であり、

小学校で教わる範囲内の公式を扱いながらも複雑な内容になっているのです。

私が働いていた学習塾も算数の問題作りには特に力を入れていました。

過去の試験問題を参考にするのはもちろん、

時には中学生コースに通っている受講生に問題を解かせて感想を聞くなど、

実践的な問題作りを行っていたのです。

学習塾で行う中学入試対策は単に過去の問題を解かせるだけではなく、

試験会場の雰囲気に慣れさせることも含まれています。

学力が高くても試験を受けるプレッシャーに負けてしまう子供は珍しくありません。

学力を発揮できないという状況を避けるため、

私が働いていた学習塾では過去の問題を解かせる際は

人数やテーブルの位置を試験会場に似せるなどの工夫を施していました。

受講生へのメンタルケアの方法は学習塾によって違うので、

受講生に配慮しながら最適な方法で実施することが重要になります。