中学受験の算数の問題

中学受験で出題される算数の問題は、基本問題と応用問題になります。

基本問題は、文字通り計算問題や文章問題など、

小学校で習う算数の基本的な知識が身に付いていれば解ける問題です。

きちんと基礎的な知識が身に付いている生徒であれば、問題なく正答出来る問題になります。

中学受験の算数で大きく差が付くのが、その他の応用問題です。

一つの単元の知識だけでは解くことが出来ず、

小学校の算数で習った単元をいくつか組み合わせて考えなければ解けない問題になります。

文章問題も国語の読解力が必要とされ、問題文を読み解く能力も必要です。

基礎的な知識をいくつか組み合わせて考えていって、はじめて解き方が分かるような問題になります。

問題文をしっかりと読み解いてはじめて、何をどうやって求めたら良いのかが分かるような問題文が多いです。

最近の中学受験の算数で多いのが、

問題の考え方自体を言葉と式などで説明させるような問題が出題されることが多くなって来ました。

単純な算数の能力だけではなく、

国語の能力と自分の考え方を適切に言葉で説明できる能力をはかるような問題が出題されるようになっています。

中学受験の算数の指導方法としては、最近ではそのような中学受験で出題される問題に対して、

算数のみならず国語や他の教科と関連させて指導する指導方法を採用している学習塾が多いです。

柔軟な思考力を育てるような学習塾へのニーズが高まっていると言えるでしょう。