暗記ではなく知識を定着させるのが大事

中学受験を行う時には算数の勉強もする必要があります。

これは効果的な勉強方法として知識を定着させるという方法があります。

基本的に学校で行っているような暗記だと、複合問題や発展型の問題が出てきた時に対処しきれません。

塾では暗記させるのではなくしっかり内容を覚えさせて発展問題に対応できるように学習を行います。

なぜこういう計算をするのか、

どうしてこうなるのかを論理的に説明してあげる事により算数に強くなるでしょう。

また知識を定着させるために間違った問題も正解した問題も解説を行います。

そして解説をすることにより別の解き方やどういう原理で解いているのかを確認させるのです。

基本的に算数は習うだけではいけません。

自力で考えて問題を解かせないと知識が定着しないからです。

この自分で考えるというのが特に重要な部分です。

ただ一方的に算数を習うだけだと知識が定着しないので注意しておきましょう。

周りが手を出しすぎると受け身の人間になってしまい、

自分で考えるという行為ができなくなる可能性があります。

そこで問題を出した後に答えをしばらく教えずにじっくり考えさせる事が大事です。

自分で考えることでどんな問題が出てきても対応できるようになるでしょう。